歯科で歯のクリーニングを

歯周病は、ほとんどの人が一度はかかったことのある疾患です。歯についた歯垢が原因で起こりますので、予防するには歯科で定期的に検診を受け、歯のクリーニングを受けることが何よりも大事になってきます。歯茎が赤く腫れている、歯を磨くと出血するといったことがあれば、歯周病にかかっている可能性があります。この段階であれば、しっかり丁寧に歯を磨くことで、症状が改善することもあります。しかし症状が進むようでしたら歯科を受診し、歯周病治療を受けましょう。歯周病治療では、歯や歯茎の状態を観察し、クリーニングを行い、歯についた汚れや歯石、歯垢を取り除きます。毎日の歯のケアがきちんと行えるように、歯磨き指導も行います。その後、歯茎が改善するのを待って再検査します。この再検査で問題がなければ治療は終了です。再検査で改善が見られない場合は、再度クリーニングを行います。症状が重度の場合、歯茎を切り開いて中の歯石や膿を除去する治療を行うこともあります。歯周病治療終了後は、再発予防のため一定期間ごとに歯科検診を受けましょう。歯周病治療には時間がかかります。普段からケアをしっかり行い、年に1~2回は定期検診を受けましょう。歯周病をはじめとした疾患予防につながります。

↑PAGE TOP

Menu