• トップ /
  • 歯科で実施される虫歯予防対策

歯科での虫歯予防対策

歯科で実施される虫歯予防対策

歯を守り維持するための予防歯科

虫歯を予防するためには、ブラッシングだけでは落とすことができない汚れを歯科クリニックできれいにクリーニングしたり、フッ素塗布して歯を強化させることが重要です。歯を気にせず、ブラッシングだけで済ませてしまうと歯茎の近くや歯と歯の間にバイオフィルムが作られ歯科で、取り除いてもらわないとたくさんの菌の住処になってしまいます。虫歯だけでなく、歯周病を発生させることもありますから、クリーニングをしてきれいに保ちながらフッ素塗布で健やかな歯を維持しましょう。歯科で予防対策を行っていると、小さな虫歯ができてしまっていても初期であればクリーニングにより進行を防いだり、フッ素塗布が歯の石灰化を促してくれるため、削る処置などが必要ない状態にまで戻せる場合があります。歯科で予約を行い、はじめは歯の状態を調べてもらいます。バイオフィルムを除去する前にきちんと調べておくことで、治療が必要になるかクリーニングを行うだけで大丈夫な状況か判断することが多いです。フッ素塗布は虫歯になりかけている歯を戻す役割だけでなく、歯科では歯の表面に汚れの付着もしにくい状態にしなる効果も期待して使用されています。菌の働きが低下して、口内環境の改善にも役立ってくれます。

↑PAGE TOP

Menu