歯肉炎のケアと対策

歯科の定期検診が大切

恐ろしい歯肉炎を防ごう

歯の病気は虫歯だけではありません。歯肉炎という歯茎の病気も存在します。歯肉炎が進んでしまうと、歯の安定がはかれず、最悪の場合歯が抜けてしまう恐れもあるのです。なるべく初期段階で治療を行うことが重要となってきます。初期段階としてみられる症状が歯磨きの際の歯茎からの出血です。出血が見られたら、なるべく早く歯医者にいきましょう。普段の歯磨きも、歯を磨くだけではなく、歯と歯茎の間をしっかりと磨き、歯茎も優しく磨いたり清潔な手でマッサージするのが予防の観点からお勧めです。

小児歯科で幼いころから検診を

幼いころから歯医者で定期検診を受けるのはとても大切なことです。初期虫歯がないか確認してもらい、歯垢の除去とフッ素の塗布を受け、虫歯の予防に努めましょう。また正しい歯磨きのしかたも指導してもらいましょう。歯医者は、幼い子どもの扱いに慣れている小児歯科がいいでしょう。子どもの歯は、生えていない状態から乳歯が生えはじめ、やがて抜けて永久歯へと生え変わります。小児歯科では、子どもの口腔内の成長を踏まえて歯の疾患に関する適切な予防措置や治療を行ってくれます。

↑PAGE TOP

Menu